日常に潜む適応障害の危険性│セルフチェックを活用しよう

向き合う事からはじめよう

適応障害の症状は色々

ハート

適応障害の症状は精神からくる不調のために人それぞれ変わってきます。不安や抑うつ感などの精神的な問題から、頭痛や肩こりなどの肉体的なトラブルがおきることがあります。早期発見が難しい病であるため、自身や身の回りの人間をチェックするようにしましょう。

適応障害を無視しない

腕を広げる人

適応障害というのは、特定の出来事や環境の変化でストレスを感じた時に精神や行動に異常が現れることをいいます。たとえば就職後、職場の環境に適応できずに苦しみ続けて適応障害になってしまうといった場合なども少なくはありません。適応障害の症状としては、鬱病と似たような症状が出ますが、精神的に不安定になることによって暴力的になるなど、攻撃的になってしまうことがあります。こうした適応障害はセルフチェックにより判断することもできます。適応障害のセルフチェックでは、自身のおかれている環境と、価値観に大きなズレがないかといったことや、生活に支障がでていないかといったことを確認します。インターネットサイトなどでも簡易的なセルフチェックが行えるところがあるため、参考にしてみるといいでしょう。チェック項目が当てはまる場合でも、中々医師に相談するところまで切り出せない人は多くいます。これは一般的に、周りは耐久できているのに、自身だけこういう症状が起きているのは甘えからくるものだと判断してしまうことがあるからです。我慢しよう、頑張ろうと無理に放置してしまうことで、適応障害はどんどん悪化してしまう可能性があります。無理はせず、おかしいと気づいた時にはなるべく早く医師に相談するようにしましょう。また、早めに精神科医に受診するのが難しい場合には、悪化を防ぐためになるべくストレスを発散させることや溜めないようにすることが大切です。たとえば、自身の生活リズムを見直すことで、ストレスを軽減させることはできます。このストレスは不規則な日常生活からきている可能性なども中にはあるため、そういった場合は規則正しい生活を行うことでまず睡眠不足を改善するようにしましょう。睡眠不足だと精神的に余裕が無くなりやすいだけではなく、食欲にも影響がでてきてしまいます。それだけではなく自律神経にも不具合が生じ、イライラしたりめまいがしたりといった症状が出てくる危険性もあります。それを避けて充分な睡眠をとり、あわせて運動をすることによって気持ちを前向きにしていくことで、適応障害を食い止めるだけではなく、改善へと向かわせることができます。適応障害は立派な心の病です。無理をして悪化させることがないようにしていきましょう。

悪化すると生活に支障も

男の人

適応障害の症状は、酷くなってくると日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。また、悪化することによって更に重い鬱病になってしまう場合もあります。鬱病と適応障害は似通っている点も多いですが、切り分けるためのチェック方法があります。

適応障害を改善するには

レディ

職場や仕事からストレスが蓄積して感じて適応障害を起こしてしまう場合、医師から休職を勧められる場合があります。適切な休養をとって心も身体もチェックの行い、万全に整えてから、環境に適応していけるようにしましょう。

リンク

  • うつ病サプリ

    適応障害のチェック事項を紹介!放置しておくと他の精神疾患になってしまうケースがあるので注意しましょう。